住宅、外壁のリフォームを成功させるための、塗装業者選びや外壁塗装の種類、適正価格、DIYペンキ塗り方を解説〜塗料販売セレクト/登録型総合検索エンジン

   外壁塗り替えナビゲーション
Painter Painter

外壁塗装における「良い仕事」とは?

まずは下地調整を丁寧にしているかです。高圧洗浄器で外壁の汚れをおとし、外壁のひび割れや欠けをくまなくシーリングで埋めます。
これがきちんと出来ていないといくら高級塗料を使おうとも性能が発揮できず、意味がありません。
これらの工程が含まれているかチェックしましょう。

そして重要なのが、壁の面積に見合った塗料の量が使用されているかと言うことです。塗料と言うのはメーカーによって水などの希釈率が定められており、一缶で何?崚匹譴襪里?も目安があります。
したがって、自分の家の壁面積がわかれば必要な塗料の缶数もはじきだされます。
安く請け負った塗装業者は、塗料に対する希釈率をふやして少しでも材料費を浮かせようとするものです。
また、最近では工事の市場価格が下がる中、塗料の質は飛躍的に良くなり、、石油の高騰も手伝って塗料の価格は高価な物となっております。
最近では見合った缶数をきちんと使用していることを証明するために、搬入した材料の写真を撮るなどして、お客への信用度を高めている業者もあります。



工事の工程や工法をきちんと守るのは当然ですが、それだけではありません。

ご近所に対するあいさつ、配慮などは非常に大切です。
近隣対策がきちんとなされていないと、苦情が出たり、工事がストップなんて事さえありえます。
工事車両の駐車や、塗料の散布などが問題で隣人とのとの仲が険悪なものとなるケースもあります。
現場管理者には近隣とのコミュニケーションを大切にしてもらい、細やかな心遣いが行き届いた業者さんが好ましいです。


これらのことを業者さんと着工前によく話しあいましょう。
うるさい客と思われるくらいがちょうど良いと思います。

ただ良い仕事をしてもらったら、完工後も気持ちよくお付き合いできる関係を築くようにする方が良いでしょう。
ちょっとした些細な事でも相談できる業者さんと言うのは重宝するものです。








 
外壁塗装業者にも種類がある
外壁塗装の目的と種類
塗装における良い仕事とは?
塗替えシミュレーションのすすめ
外壁塗装の適正価格
外壁リフォーム完工までの流れ