住宅、外壁のリフォームを成功させるための、塗装業者選びや外壁塗装の種類、適正価格、DIYペンキ塗り方を解説〜塗料販売セレクト/登録型総合検索エンジン

   外壁塗り替えナビゲーション
Painter Painter

自分で出来る外壁補修


一般的な塗り替えの目安
外壁:7年〜 屋根:5年〜 鉄部、木部:3年〜
 



建物の寿命を判断する時に、外観(壁や屋根)と躯体(床下、骨組)などの判断箇所があります。

ここでは誰でも簡単に判断できる外観部分のチェックポイントとほおっておいた場合のトラブルをご紹介いたします。

 
壁を見ると、細かいひびが入っている。

ほおっておくと・・

雨水が少しづつしみ込んで、建物の骨部分まで浸透した時に木造であれば、柱はもろくなり強度が落ち、シロアリの巣にもなります。
鉄骨であれば、錆びてしまいます。



 
壁に触ってみると、手が白くなる。

ほおっておくと・・

塗膜の風化が進んで、さらに防水効果が無くなりますので壁全体から雨水が染み込んできます。





 
カビや苔(コケ)が生えて黒くなっている

ほおっておくと・・

見た目に悪くなる一方であり、建物の内部に湿気が浸透していきます。ガーデニングの近くで影になるところに発生しやすい。

 
壁の色が薄くなった気がする。

ほおっておくと・・

どんどん、色は変化していきます。これは建物が日焼けしたことが原因です。塗料も紫外線で色おちしてしまうんです。
 
外壁パネルの継ぎ目に小さいヒビがはいっている。

ほおっておくと・・

外壁パネルは樹脂のコーキングでつなぎ合わせています。このコーキングが劣化して硬くなり、割れて水が染み込みやすくなってきます。
 
屋根の色がはげている

ほおっておくと・・

最近増えているカラーベストと言われる瓦は実は太陽の紫外線や雨を直接受けるため、表面の寿命が短く、4〜5年(気候による)に一度は塗り替えが必要です。ほっておくと防水効果が無くなり、雨漏りの原因になる場合があります。

 
天井や窓周辺にシミがある

ほおっておくと・・

天井のシミは少しづつの雨漏りが原因かもしれません。そのほかにも窓のサッシ周辺や日さし部分からも雨漏りする場合があります。早いうちに対策が必要です。
 
柱などの木の塗料がはがれている

ほおっておくと・・

塗料がはがれると雨水が柱に染み込んで、腐食します。やわらかくなった木はシロアリの食料として最適。また、柱の強度も落ちます。



どのチェックポイントにも共通するのは早めの対策が被害を最小限に食い止めて建物の寿命を延ばす、ということです。
費用も安くで済みますので、なるべくほおっておかないようにしましょう。