住宅、外壁のリフォームを成功させるための、塗装業者選びや外壁塗装の種類、適正価格、DIYペンキ塗り方を解説〜塗料販売セレクト/登録型総合検索エンジン

   家の塗り替えナビゲーション
Painter Painter

塗り替えシミュレーションのすすめ

コンピュータグラフィックスにより塗り替えリフォーム後のカラーイメージをあらかじめ数パターン作成する事で、失敗なく自分の家に合った色を選択する事が出来ます。





               

    
    外壁塗装後のイメージ
    が客観的にわかる




塗り替えシュミレーションの必要性

こういったシュミレーションがなぜ必要なのでしょうか?
本来、外壁塗装リフォームを行う際、施工主は色の選択を下記写真のような塗料メーカーや塗料工業会の色見本帳などから選択するか、もしくはここから数十センチの見本板などを作成してもらい選択するわけです。

ひとつひとつの見本のサイズはわずか数cmで、ここから自分の家に塗装した状態を頭の中でイメージしなければなりません。
また、色と言うのは、小さいサイズで見た場合より、広い壁面に塗装した状態で見る方が明るく見えてしまうと言った特徴があり、イメージしにくいわけです。
数十万円、数百万円かけて外壁塗装リフォームを行ったが、思っていたのとイメージが違った、なんてことになれば本末転倒です。
そう言った意味でもシュミレーションは非常に有効だと言えます。

しかし、シュミレーションは遠目の画像を扱うため、リアルに質感や細部まで表現した完璧なものではなく、コスト的にも手間暇をかけた作品のようには創り込んだり出来ません。
請負業者のCG技術や使用ソフトも千差万別で、業者によってはアニメ画像のようなお粗末なものもあるので、HPのサンプルなどを見て参考になるレベルか確かめてみるとよいでしょう。
発注の際は、同時に大き目のサンプル板を作成してもらい、CGのイメージと見合わせて選択の参考にするとよりイメージしやすいでしょう。

こういったシュミレーションサービスを行っている業者はまだ非常に少なく、ネット上で探しても大手リフォーム会社かひとにぎりの塗装業者だけです。

シュミレーションはかならず必要というわけではありませんが、色や美観にこだわる方には業者選びのポイントになるのではないでしょうか。





外壁塗装業者にも種類がある
外壁塗装の目的と種類
塗装における良い仕事とは?
塗替えシミュレーションのすすめ
外壁塗装の適正価格
外壁リフォーム完工までの流れ