外壁塗装 費用 相場

外壁塗装の費用、相場
 「複数の業者から見積もりを取ってみると、驚くほど費用の違いがあった」と言うことは塗り替えリフォームではよくある事です。「高すぎるのは困るけど、安すぎるのも大丈夫?」というのがお客様の気持ちではないでしょうか。

塗り替えリフォームの価格

塗装工事の価格構成

 小さな面積より大きな面積の方が、明るく鮮やかに感じることを「面積効果」といいます。反対に、暗い色は面積が大きくなると、より暗く感じられます。

塗り替えリフォームの価格材料費仮説足場費労務費その他経費利益
高すぎる費用と安すぎる費用
高すぎる費用
 外壁塗装工事では、塗料の種類とは別の要因で費用が割高になる場合があります。
外壁の下地が著しく痛んでいたり、隣との隙間が狭く、施工が困難であったりなど、様々な要因で通常の塗装費用に加えてコストが掛かってしまいます。

 単に価格を見比べるだけではなく、何処にどれだけの費用がかけられ、何故それが必要なのかが明確であれば、適切な提案が出来る業者さんである場合もありますので、よく説明を受けたうえで判断したいところです。
ただ、「高すぎる費用」と言うのは、施工内容に関係なく、業者の業態が大きく影響している場合がありますので、そういった事を見極めるためには、複数業者からの見積もり書をよく比較する事や、積極的に情報を収集する事が大切でしょう。

安すぎる費用
 少しでも安く仕上げたいと言うのがユーザーの心情なだけに、むしろ判断が甘くなりがちなのが「安すぎる費用」ではないでしょうか。
 例えば家電量販店などで電化製品の価格を競わせて安価で購入したとしても、同じ生産ラインで製造された物なら商品に違いはありません。しかし現場で一つ一つの工程を職人が行い、見えない仕事が重要な塗り替え工事では、ユーザーが四六時中監視し、仕事を熟知していなければ本当にお安い買い物だったのかは分かり得ない事です。

 一般住宅の塗り替えリフォームでは、塗装職人が2、3人いれば施工が可能で、大規模工事のような機動性を要しません。
 塗装業者の中ではそんな小規模業者が乱立している事や、ネット普及により塗装店の元請化が広がった事などで、直請け価格といったような内容で請け負う業者は増えています。
また、業界自体が暇な時期などは、いずれの業者でも通常より安価な見積もりを提示するケースはよくある事です。

 ただ「安すぎる費用」というのは、値切りや競わせ合いによる、ユーザー自身の過剰な低価格志向が要因で成立してしまう場合も多いのではないでしょうか。
適正な利益が望めない業者は、少しでも労務費や材料費を抑えたいという心情が働きますので、「安すぎる費用」には、「安かろう悪かろう」のリスクが伴う事は理解しておくべきでしょう。

塗料メーカーの設計価格とは

 外壁塗装工事や屋根塗装工事の費用と言うのは、主に平米数で算出される場合が一般的すが、塗料メーカーではその基準となる設計価格というものを公表しています。

 設計価格は塗料メーカーが施工業者さんはこの設計価格を参考にして下さいよ、と言ったような参考小売価格のようなものになります。

ただ設計価格は、規模や業態、地域の異なるすべての業者に対して一律的にあてはまるものではありませんので、実際の市場は設計価格をまたいで高低差が大きいものとなっています。

設計価格表
ホームページ登録
© 2005-2013 塗りナビ.
このページの先頭へ