外壁塗装 色選び

色選びの成功術
 外壁塗装や屋根塗装の色は、塗ってしまえば洋服の着替えのように何度もやり直すというわけにはいきません。失敗しない色選びのためには、事前にどこまで正確にイメージを固める事が出来るかが大切になりますが、ここではイメージ造りに不可欠な、色の特性やポイントを抑えておきましょう。

カラーサンプルと、実際の印象はちがう

カラーサンプルと、実際の印象はちがう 塗替えリフォームの際、まず工法や塗料のグレードなどを決めますが、 必ず頭を悩ますのが色の選択です。 思案した上でカラーサンプルから選択したものの、どんな仕上がりになっているのかは足場を外すまでは分からない、と言ったような事が塗替えリフォームの現状だと言えます。 外壁塗装を行ったが、「思っていたイメージと違ったなあ」、なんて事になれば、せっかく高額な費用をかけた塗替えリフォームにも悔いが残りかねません。

そんな塗り替えリフォームにならないためにも、いくつかの簡単なポイントを抑えておきましょう。

 外壁塗装リフォームを行う際、施工主は色の選択を塗料メーカーなどの色見本帳などから選択する事になります。わずか数センチの小さなサイズのカラーサンプルで見た印象と、広い面積で見た実際の印象に大きな違いを感じてしまう事があります。

色の面積効果

色の面積効果 小さな面積より大きな面積の方が、明るく鮮やかに感じることを「面積効果」といいます。反対に、暗い色は面積が大きくなると、より暗く感じられます。

右側の方が、より鮮やかに、明るく感じられます外壁や屋根の塗替えでは、この「面積効果」により、カラーサンプルで見た印象より、明るく鮮やかにを感じる事があります。

希望のカラーサンプルよりも、トーンを下げて色を選ぶ

希望のカラーサンプルよりも、トーンを下げて色を選ぶ
 実際では陽の光や反射などの効果も加わり、色の印象に影響を与える事になります。
また、色を選ぶ際のカラーサンプル自体も、照明、光源により印象が違ってきますので、外壁と同じ環境下である屋外で確認する方が良いでしょう。
希望のカラーサンプルよりもややトーンを下げて選択し、施工業者さんには、同時に大き目のサンプル板を作成してもらうと、塗装の艶の度合いや、質感なども確認出来ますので、より仕上がりのイメージが掴みやすいでしょう。
サンプル板の作成は、ほとんどの業者さんが対応してくれると思いますので、是非活用してみて下さい。

色の3属性と対比

 色は、明度、彩度、色相の3つの属性によってなりたっています。
明度、(明るい・暗いという明るさ感の違い)、彩度(鮮やかさの違い)、色相(赤、黄、青などの色みの違い)という3つの性質を総称して、色の3属性といいます。

色の3属性と対比
希望のカラーサンプルよりも、トーンを下げて色を選ぶ
希望のカラーサンプルよりも、トーンを下げて色を選ぶ

(カラーの印象は、個々のモニターにより若干の違いがあります事をご了承下さい。)

上は、左のカラーサンプルで、右画像の外壁を塗り潰したものです。
サンプルカラーはオーカー色ですが、塗りつぶした右の画像は若干鮮やかに見えないでしょうか。 単に同じカラーを塗り潰しただけですが、屋根や窓の対象物ののせいで、より鮮やかに感じてしまいます。 隣り合う色がある場合 その色に影響を受けて、見え方が変化する事を「色の対比」といいます。

隣り合う色によって、同じ色の明度が明るく見えたり、暗く見えたりする効果を明度対比という。 右画像は、真ん中のグレーは 同じ色ですが 、右側のほうが明るく感じる。
隣り合う色によって、同じ色の彩度が変化して見える効果を彩度対比という。 真ん中のグリーンは同じ色ですが、右側の方が鮮やかに感じる。
隣り合う色によって、同じ色の色相が本来の色と変化して見える効果を色相対比という。真ん中のブルーは同じ色ですが、右側の方が黄色く感じる。

 このように建物で言うと、屋根やタイル、アルミサッシなどの色との対比によりイメージと違って見える場合があります。あまり、色選びを難しく考えすぎるのは良くありませんが、こういった色の特性やバランスを意識したうえで、単に好きな色を選ぶのではなく、何色が似合うのかを意識する事が、失敗しない色選びには大切だと言えます。

カラーシミュレーション

 カラーシミュレーションとは、パソコンを使って家の画像を編集し、数種類のイメージを比較する事が出来る、色選びのためのサービスです。近年では多くの業者さんが、カラーシミュレーションサービスを取り入れています。こういったカラーシミュレーションは、モニター上での画像か、印刷物で確認する事になりますが、業者さんによってシミュレーションの方法は千差万別です。

カラーシミュレーションは色相(しきそう)判断に

 カラーシミュレーションでは、モニターや印刷などの作成環境により、色調(明度と彩度)などの高低差が、大きく違ってきます。実際の塗替え完成後のイメージ通りと言うわけには行きませんので、あくまでも色選びのイメージを固めるためのものとして活用しましょう。

 自分の家にはいったい何系の色が合うのだろう?と言ったような、色相選び、(赤系、青系、黄系などのグループ)のアタリをつける為の、イメージング補助として活用すれば、より客観的な確認が可能です。

カラーシミュレーションは色相(しきそう)判断に

複雑な配色をシミュレーション

 下の画像の様に、複雑な外壁の色分けや、屋根の色などを合わす際など、ぶっつけ本番でイメージ通りにするのは非常に困難だと言えます。

「外壁の色を2色にしたい。屋根の色の組み合わせも色々試してみたいけど、いったいどんな雰囲気になるのだろう?」

と頭の中で思い浮かべてみても、なかなか明確な確信は持てません。塗替えの費用は高額なだけに、失敗した時の事を考えると、大胆な冒険が出来ずに塗替えリフォームを終えてしまった方は多いのではないでしょうか。

複数の配色を、シミュレーションする事で、大胆な色の組み合わせを容易に確認する事ができます。
洋服を購入する前のの試着のように、およそのイメージを固めるためには効果的なサービスですので、うまく活用してみて下さい。

複雑な配色をシミュレーション

現在シミュレーションは、ネット受注のお客様に対してのサービスとして、画像をネット上で確認して頂く形をとっています。カラーサンプルをそのまま反映させるのではなく、ややトーンを上げて、陽当りなども想定のうえ工夫して作成しています。 サービス事態は好評で、色選びのヒントとしては十分参考になるのではないでしょうか。

ただ、モニター環境の違いによるイメージの相違はありますね。
あらかじめお客様にはご理解頂いておりますが、やはり参考レベルになる物でなければ意味がありません。今後、作成した画像をお客様宅にて、ノートパソコンで確認して頂く形がいいのではと考えているところです。
ホームページ登録
© 2005-2013 塗りナビ.
このページの先頭へ